Top >  FXとは >  FXのエリオット波動理論とは

FXのエリオット波動理論とは

FXのエリオット波動理論というものをご存知ですか。
ここでまずはエリオット波動理論について少し説明をしましょう。
R.N.エリオット氏が考案したエリオット波動理論というのは、テクニカル分析の法則であり、エリオット波動理論の基本はいたって簡単で、いわばパターンと比率と時間の側面から物事を見るのです。
つまり、R.N.エリオット氏は相場をフィボナッチ数のもとで、一定の基本的なリズムをたどるということを主張しているのです。
それは何かといいますと、エリオット波動にパターンがあって、5つの上昇波と3つの下降波の合わせて8つの波で形成されているのです。そして、その8つの波が過ぎたころを一つの周期、つまりサイクルと呼んでおり、相場とはこのようなサイクルをたどるのだという理論です。
ここで少しフィボナッチ数字について説明をしますが、フィボナッチ数とは前二項の和が次の数字になる数列のことで、0、1、1、2、3、5の数字があり、その前の二つの和が次の数字になるのです。
たとえば、0+1=1、1+1=2、2+1=3、2+3=5というものです。

 <  前の記事 業者選びのポイント  |  トップページ  |  次の記事 エリオット波動の成功法則とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6655

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FXは初心者でも出来る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。