Top >  FXとは >  FXのダウ理論

FXのダウ理論

FX取引きをはじめるにあたり、いろいろな準備がありますね。基礎知識を吸収したり、業者選びをしたりと大忙しです。
さらに、いざFX取引きをはじめてみても、いまいち伸びず、ギャンブルをしている気分になったりしませんか。
そこで、少しロジカルな知識を入手して、エリオット理論やダウン理論について学んでみましょう。
ここで少しダウ理論について説明をしましょう。ダウン理論というのは、19世紀の経済学者チャールズ・H・ダウの論説で、もともとは株や先物、為替の成功法則として広く知られており、株式市場や通過取引にも応用しているのです。
ダウン理論のポイントは、最高値と最低値が連続して上昇するときは上昇トレンド、連続して下降するときは下降トレンドだということです。
ダウン理論の基本法則は6つあり、すなわち事象は価格変動要因に影響を与えること、上昇トレンドと下降トレンドがあること、主要トレンドは通常3つの段階に分かれていること、平均が互いに確認すること、トレンドの出来高を確認すること、トレンドは何かが起きない限り継続することがあげられます。

 <  前の記事 エリオット波動の成功法則とは  |  トップページ  |  次の記事 ダウン理論の基本法則とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6657

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FXは初心者でも出来る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。