Top >  FXオススメ >  FX取引のリスク管理

FX取引のリスク管理

決済する場合は、FX業者に買ったドルを売るだけで、追加保証金を出す場合ですと、含み損の比率を5割以下に引き下げる必要があります。この制度がマージンコールと呼ばれているものです。
これはレバレッジの比率が高ければ高いほど、ちょっとした相場の変動でマージンコールで選択する必要性が出てくるのです。
そして、ロスカットについてですが、要するに損切りのことです。
たとえば、レバレッジを組み、為替の変動などが原因で証拠金の20%から30%になりますと、持っている通貨の一部、あるいはすべての通貨を決済しなければなりません。
マージンコールは証拠金を上積みできますが、ロスカットは強制的に決済させられところが大きく違います。
マージンコールもロスカットも損失を抑えるためのクッション的な作用があり、損失の負担を証拠金の範囲内で抑える働きがあるのです。

 <  前の記事 FX取引とは  |  トップページ  |  次の記事 FX取引のコストと税金  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6678

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FXは初心者でも出来る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。