Top >  FX関連 >  FX取引とは

FX取引とは

普段から金銭感覚にうとい人は、FXをはじめてもなんだかピンとこない人も多いのではないでしょうか。
確かにFX取引は株取引と比べて、起伏が少なく、比較的に安全な投資手段だといわれていますが、FXも一種の金融商品なのです。
そして、リスク型の投資商品ですので、あらかじめハイリスクだという認識をもってFX取引を行った方が用心してよいでしょう。
そして、FXは元本保証型ではありませんので、損をすれば投資資金は手元には戻ってきません。
FX取引はレバレッジを基本に銘柄の売り買いをしますので、マージンコールとロスカットのリスク管理手続きがあります。
それでは、マージンコールとは何かといいますと、マージンコールは損金が保証金の50%より多くなったときに、決済、あるいは追加保証金を拠出するかのいずれかの手続きをするリスク管理制度です。
たとえば、証拠金10万円で20倍の200万円のレバレッジを組んだ場合、米ドルを購入した時点で1ドル105円(105万円)だったのが、1ドル100円(100万円)にまで下がってしまったとき、含み損は5万円になり、つまり証拠金の10万円の5割にあたりますね。
こうなった場合には決済するか、追加保証金を拠出するかを求められるのです。

 <  前の記事 FXのメリット・デメリット  |  トップページ  |  次の記事 FX取引のリスク管理  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6677

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FXは初心者でも出来る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。