Top >  FX関連 >  FX取引のコストと税金

FX取引のコストと税金

FX取引をはじめて行う人はFXで得た利益はすべて自分のポケットに入るのだと思い込んで人もいるかもしれませんが、基本的にFXは業者を通して取引をしますので、FX業者に手数料を納める必要があり、そのほかにもスプレッドや税金などで収益の一部は出ていきます。
FX業者に支払う手数料は業者によって違いますので、ネットで比較サイトなどをみて、あらかじめ関連事項を確認をするとよいでしょう。比較サイトやランキングサイトなどを見てみますと、かならずといっていいほど手数料が記載されています。
たとえば、1ドル片道で0.02円から0.4円の業者が多いです。
片道というのは、売るのも片道、買うのも片道だという計算です。
したがって、売り買いを頻繁に行う人はこの手数料も必然的に多く支払うことになります。
たとえば、1万ドルを売った場合、200円から2000円の手数料がかかります。
ちなみに、FXと同じく外貨の取引を行う外貨預金がありますが、外貨預金の場合は1ドル片道1円というのが一般的で、つまり同じように1万ドルを売った場合、1万円の手数料がかかるのです。
同じ外貨を扱う取引として、外貨預金と比べて、なぜFX取引の手数料は安いのかといいますと、FXは短期間で売買を繰り返すことが多く、多くの人が頻繁に売買をするからコストを抑えられるのです。

 <  前の記事 FX取引のリスク管理  |  トップページ  |  次の記事 スプレッドとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6679

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FXは初心者でも出来る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。