Top >  FX関連 >  FX取引の証拠金

FX取引の証拠金

近頃ブームになっているFXは日本語で外国為替証拠金取引ということになりますが、つまり為替の変動を利用して、少ない証拠金で大きな取引を行うのがFXなのです。
FXはまず、証拠金という資金を出して取引をはじめるのですが、簡単にいえば、証拠金として1万円を業者に預けることで実際に預けた証拠金以上の金額で取引ができるということです。
この点はほかの外貨取引の外貨預金や外貨MMFと違う点ですね。
外貨預金や外貨MMFは資金の分だけ取引ができるのですが、FX取引の場合は証拠金を担保のように預けて大きな金額で取引ができるのです。最低で1万円からですが、多くの人は10万円の証拠金からはじめています。
FXの証拠金に対し、レバレッジをかけて、証拠金の10倍から最高200倍までの取引ができるのです。
レバレッジの倍率は業者別に違いますが、業者によっては10万円の証拠金に対して最高で2000万円の取引ができるのです。

 <  前の記事 ビジネスや株取引と違う点とは  |  トップページ  |  次の記事 レバレッジの倍率とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6685

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FXは初心者でも出来る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。