Top >  FX関連 >  FXはローリスク

FXはローリスク

外国為替証拠金取引のFXは、気軽な気持ちではじめられる資産運用法のひとつで、なぜかといいますと、株取引と違って、資本をあまり要せず、しかもリスクが低いからです。
株取引の場合は、投資する企業の業績などに大きく左右され、最悪の場合は株の暴落で投資した資金を失うことになるのですが、FXの場合は為替相場に影響されるだけで、比較的に安定しているのだといえます。
なぜかといいますと、為替の取引は下落しても損は小さく、いきなり破産する確率はあまりないので、ハイリスク・ハイリターンの株取引と違って、FXはローリスク・ローリターンなのです。
そのため、ビジネスマンや学生、主婦などと、さまざまな層の人がFX投資に参入しています。
また、FXはたとえ為替相場が下がっても利益を得られるのです。
この点も株取引と違っていますが、株取引の場合は買うことからはじまりますが、FXの場合は売ることからはじめられるのです。

 <  前の記事 スワップポイントとは  |  トップページ  |  次の記事 FXの為替相場の変動  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6693

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FXは初心者でも出来る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。