Top >  FX関連 >  ビジネスや株取引と違う点とは

ビジネスや株取引と違う点とは

FX取引の場合、ビジネスや株取引と違う点とは、FX取引の場合は、為替レートが上がっても下がっても儲けが出せるということが挙げられるのです。
FX取引は売ることからはじめられますので、たとえば、1ドル120円のときに1万ドル、つまり120万円を売り、1ドル110円のときに1万ドル、つまり110万円を買い直せば、10万円の利益が出るということになりますよね。
これは高く売って、安く買うという法則であるといえます。
FX取引のキャピタルゲインは、相場高と相場安を同時に利用して利益を得られるので、株取引やビジネスとは少し違った儲け方になるのですので、その特徴をうまくいかして、FX取引でキャピタルゲインを得ましょう。
もちろん、金利だけで利益を得ることもできますが、FX取引の場合はやはり特徴をいかして、為替の差益で儲けましょう。

 <  前の記事 FX取引の為替差益  |  トップページ  |  次の記事 FX取引の証拠金  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6684

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FXは初心者でも出来る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。