Top >  FX関連 >  資産分散型投資とは

資産分散型投資とは

金利の低いいまの時代でよく叫ばれる資産分散型投資とは、いろいろな方法で資産を運用していくことですので、さまざまな通貨を保有することもよいでしょう。
そのためにもFX取引はわりに始めやすい外貨取引だといえます。
初心者ならば、まずはドルとユーロをもつとよいでしょう。
保有する外貨の1割を元金として、資産運用をはじめるとよいでしょう。
FXメリットはほっといても毎日の利息がありますので、運用が下手な人でも毎日の相場をチェックするだけでよく、相場の変動が激しいときに売り買いをすればよいのです。
FXで資産保全をして、さらにデイトレやスワップポイントで稼ぐこともできますので、いろいろな資金運用法が可能になります。
絶対安全な資産保全などはありえませんが、少しずつ資産を運用することで利益が得られ、老後も豊かな暮らしを実現できるのではないでしょうか。

 <  前の記事 FXで資産保全  |  トップページ  |  次の記事 FXの利息  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6690

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FXは初心者でも出来る!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。