Top >  FX関連読本 >  株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]

株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]

株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]
沢神秀
株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]
定価: ¥ 29,400
販売価格:
人気ランキング: 143048位
おすすめ度:
発売日: 2007-07-25
発売元: MDDリサーチ
発送可能時期:
株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]の詳細を見る

先日株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]という本に出会いました。株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]はちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]を読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]を読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]は、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]は読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]はとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]は良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

効果的です。
この本は値段の割りに、書かれている文字数が少なく、かつ構成も淡々としています。
しかし、この本の内容は我々の口座残高を増やすことに直接影響する、まさしく暴露的内容となっています。
数ある洋書を訳したような本は日本市場に当てはめると使えないものがほとんどですが、この本は日本市場で実際に効果のある手法を示しています。
愚直に従いトレードすればちゃんと実績を残せるであろうと。
自分で検証可能であり、誰もが納得して自分の口座残高を増やすことができるはずです。


なるほど。
序盤はまぁよくあるシステム論から始まり、徐々に勝つ仕組みの解説に移る。私は昼間は家でトレーダー、夜は派遣社員として働いるのですが、早く専業トレーダーになりたいと思っています。この本の後半からはそのための良い素材となりました。
株の専門でしたが、日経225先物も取り入れて見ようと思いました。225ビギナーにも効果的だと思います。ただ、昼トレーダーだけが持つ優位性なども紹介されているので、昼に仕事をバリバリしてる社会人には使えるのと使えないのがあると思います。

株システムトレードへの招待状 追補版[日経225先物データで18年間連勝法などCD-R付]の詳細を見る

 <  前の記事 小倉優子のはじめましてFX(外国為替証拠金取引) (角川SSCムック)  |  トップページ  |  次の記事 はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール―『通貨ペア』の選び方から『チャート分析』まで  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6336

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

FX関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FX関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。