Top >  FX関連読本 >  信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則

信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則

信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則
椎名 馨子
信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 10055位
おすすめ度:
発売日: 2007-12-15
発売元: ソーテック社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則の詳細を見る

信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則は隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でも信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則を読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則の本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則はなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則は「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則はそういう本です。

信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則は内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則の分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則はかなりお得な本になると思いますよ。

実際にできた!
巷で、投資信託だ、FXだといわれている側面も感じていたが、
私としては、どうしても塩漬けになっている現物株が気になり、
それを損切りすることもままならないまま月日が過ぎ、別の
投資商品を考え、やはりFXへの切り替えを考えていたところ
この書籍に出会いました。まだまだ株で何とかできる!そう
感じさせてくれました。
そして、著者のサイトとメルマガを見ていると、現実に実績が
あがっている……となれば、この方法を参考にトライしてみよ
うという気になりました。
他の類書はあまりに難しく、はじめてみようと思っている私レ
ベルでは、何が書いてあるのかさっぱりわからず、別世界の話
出しかない気がしました。この書籍なら、実際にチャレンジし
ながら読んでいても、怖くない(信用取引って怖いイメージが
ありました)、やりながらいろいろ考えられるやさしさが、本
当によかったと思いました。

カラ売りに対する「見方」が変わる
るこちゃんさんの本を買うのは3冊目。
この人のメルマガでは、実際にカラ売りをしてみせているので(時々信用買いだけど)、その経験をまとめたんだろうな…とは思うけど、視点が面白いのと、理に適っている(素人として無理や無駄が無いという意味で)点が悪くない。
他のカラ売りの本には書いてない「儲けるためには当たり前のこと」が、すっきりはっきり書いてあるところが、彼女の強みかも。
こんな相場だから、買いで損している人はゴロゴロいるだろう。そんな中「どうしよう…いっそカラ売りでもやろうかな?」とビビリながらもそう考えている人には、いいきっかけになる1冊だと思いました。

あらゆる意味でよくできた本
「信用取引=レバレッジ」この不可解なキーワードが
どうしてもぬぐえなかった。そして「=」の先には、
早々に株の世界から退場させる=大金を持っていかれ
る…といった印象が強くあった。
ところが、この本を読んでみると(前半はイラストを
まじえた会話形式で非常に理解しやすい)、不思議と
その恐怖感から開放される。そう、それは信用取引の
しくみがちゃんと理解できたからだと思う。「思う」
というと、少々不安だが、信用取引をやってみようと
思えたということである。
デイトレブームにのっかっていくつか持っている現物
株…もちろん塩漬けになっている。これも保証金の一
部に使えるようになる。手詰まり感があった自分の株
投資に一石を投じてくれることは間違いない。
しかも、「カラ売り」という新たなる一手が打てるの
だから、楽しみになる。
信用取引の口座を持っていなくても、ちゃんと口座開
設の仕方ものっているから、自分が現物株の口座を持
っている証券会社で信用取引の口座を開設できる。
Stepどおりに進めば、負けない=勝てる「株」が楽し
めるのかもしれない。
ここのところの株価の変動を見ていると、信用取引と
いう手に気がつかせてくれた、この書籍は絶対お勧め
です!

信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則の詳細を見る

 <  前の記事 山本有花のやさしいFX投資法ぜんぶ教えちゃいます!  |  トップページ  |  次の記事 やさしいFX―素人ふたりが始めた投資  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6399

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

FX関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FX関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。