Top >  FX関連読本 >  ロールスロイスラジオ (FX comics)

ロールスロイスラジオ (FX comics)

ロールスロイスラジオ (FX comics)
小野塚 カホリ
ロールスロイスラジオ (FX comics)
定価: ¥ 1,000
販売価格: ¥ 1,000
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日: 2002-11
発売元: 太田出版
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
ロールスロイスラジオ (FX comics)の詳細を見る

ロールスロイスラジオ (FX comics)正直、期待せずに注文したので、読み進めて驚きました。

様々な本を図書館で借りて読みましたが、この本が一番、内容が濃かったです。
いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。

ロールスロイスラジオ (FX comics)は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
何人かの友達にもこの本を紹介しましたが、みんなから好評で、感謝された次第です。

この本は、今まで読んだ中で、一番分かりやすかったです。読み始めると、思わず引き込まれて、ついつい、とばさずについ読んでしまう本です。

ロールスロイスラジオ (FX comics)は、大変わかりやすく書かれていますので、入門書として最適です。
この本に書いてある内容を素直に受け取り、実行しています。今のところ効果はてきめんです。
ロールスロイスラジオ (FX comics)をぜひ読んでみることをお薦めします。

新境地。
マンガ・エロティクスとマンガ・Fに掲載されていたものを収録。途中で連載が終わった『安達ヶ原』も入ってます。表題作でもある『ロールスロイスラジオ』の絵はパワフルで、ちょっとビックリします。全体的に、今まで扱ってなかったようなストーリー展開のものが多いです。でもやはり『飯事』のような、大正か昭和初期を感じさせるような、ある種物語性が強い時代を背景にした作品こそ、作風が上手く活かされているものが多いと思います。雑誌掲載時「ばいしゅんふ」を改題して収録されている『グリッターオアシス』の、刹那的な疾走感も、新境地な気がしました。

ロールスロイスラジオ (FX comics)の詳細を見る

 <  前の記事 やさしいFX―素人ふたりが始めた投資  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6401

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

FX関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FX関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。