Top >  FX関連読本 >  FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】
鳥居 万友美
FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】
定価: ¥ 1,500
販売価格: ¥ 1,500
人気ランキング: 13位
おすすめ度:
発売日: 2008-05-30
発売元: ダイヤモンド社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】の詳細を見る

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】はわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】はこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】は読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないのでFXで月100万円儲ける私の方法【実践編】のような本が合うのではないでしょうか?

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】を読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】は自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】を私はオススメします。あなたの生活にFXで月100万円儲ける私の方法【実践編】はきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

がっかりです
楽しみに読んでみましたが、期待したほどの内容ではありませんでした。もっと具体的な内容で丁寧な説明が必要。他の本を読んだほうが勉強になります。前の著作本とさほど変わりませんね。残念です。

月100万円儲ける人がいる一方で、損している人もいる。
FXは為替の世界の「丁半ばくち」といも言われるハイリスクハイリターンの商品です。大儲けした人がいる一方で、大損した人もいます。私の友人知人でも、家庭崩壊に追い込まれた人が何人もいます。投資銀行で経験を積んだ百戦錬磨のプロでさえ、為替を確実に読むことはできません。そのような金融商品に素人が足を踏み入れるのは、本来ならばハードルが高いはず。そのハードルがあたかも低いようなタイトル、誰でも儲かるというような表現には抵抗を感じます。投資に際しては、きちんとどのようなリスクが存在しているのかについて十分に知識を仕入れたうえで計画的に行うべきでしょう。著者が投資した時点では、本に書かれた手法で儲けたのかもしれませんが、刻一刻と変動している世界経済と為替相場を考えてみれば、状況はがらっと変わっています。市場は独り勝ちを許しません。市場は効率的に動くからです。目先の儲け話に釣られて全財産を失ってから後悔しても「時既に遅し」です。実はリスクを負わない投資顧問の方が、安定的かつ低リスクで儲かるのかもしれません。

実践編というより、入門編
もう少し、具体的に万友美さんの取引手法が書いてあるのかと期待したけど、
他の入門書に書かれている内容とほとんど変わりません。

一番大切な部分は、やはり秘密にしておきたいのでしょうね。

この本を読んで勝てるようになる人は、
多分、どんな本を読んでも勝てるようになるでしょう。
その程度の内容でした。

これからFXをはじめられるかたは
読んで損はないと思うので星3つです。

既にテクニカル分析の本を何冊も読んでいる方には
得るものはかなり少ないでしょうねぇ。

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】の詳細を見る

 <  前の記事 外国為替(FX)自動取引プログラムを作ろう!―サンプルプログラム(ソース)付き  |  トップページ  |  次の記事 DVD 山本有花の楽しいお金の作り方教室~FX編・投資信託編~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6381

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

FX関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FX関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。