Top >  FX関連読本 >  知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)
Kazu
知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)
定価: ¥ 560
販売価格: ¥ 560
人気ランキング: 11415位
おすすめ度:
発売日: 2006-11-02
発売元: PHP研究所
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)の詳細を見る

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)は今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。この知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)の本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)を読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)は自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)は情報をいろいろ知りたい方にオススメの1冊です。私は知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)の本でいろいろなことを知りました。

自分では知っているつもりでも知らないことは多いですね。今の世の中いろいろなことが早く進んでいくのでちょっとオサボリしていると知らないことがいっぱいになってきます。知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)でちょっと知ってみませんか?

知らないでいると知っていたら!と思うときもしばしば。だから本を読んでいるのですが。インターネットよりいろいろな情報が読みやすくわかりやすくまとめられている本は良いですよ。

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)はオススメです!

安心して、楽しみながら読める
 最近は投資ばやりで「投資信託」を勧める本がベストセラーになっている。投資信託は本当に儲かるのか?と最近の投資信託の運用状況を見ると、どの投資信託も惨憺たる状況だ。
 その点FXは、日本の金利が外国に比べてものすごく低いという点を利用していて、ここ数年の中では「確実に儲かる唯一の投資商品」だと言える。私は10数年前に外貨預金を始めて、外貨を扱う銀行の手数料の高さと為替設定が自行に都合のいいように設定されているという点に非常に不満を感じていた。数年前は証券会社で外貨MMFで手数料が高いこと、1日に決まった時間に1回しか取引ができないことを不便に思っていた。そしてここにきてFXが扱えるようになった。FXは1億円を儲けたという主婦の話とか、200万円損したとか、危ないといううわさがあるが、この本の著者のようにスワップポイント狙いで確実に小遣いを生み出していくというのであれば、比較的安心である。これで生活しようなどと考えてはいけない。著者は元銀行員ということで、読んでいても非常に堅実だなと感心してしまった。私はFXはやはりギャンプルだと思う。でもかなり勝率の高いギャンプルだ。
 ただアメリカドルのスワップポイントはこの本が書かれて頃よりもかなり低くなってきている。ただ1ドル107円(2008年2月現在)とかなり円高であり、ドル買いのタイミングでもある。さてこの先為替がどう動いていくか?楽しみながら行くとしよう。

初心者向けで分かりやすい
FXを始めたいと思って、まず本書を購入しました。為替とは何かから始まって、FXのシステム、注文方法といった基礎がまずかかれています。チャートの見方、テクニカルの見方が特に分かりやすく、著者の投資方法もなかなか初心者に参考になります。最初の1冊には最適だと思います。しかし、この本もそうですが、初心者はスワップ重視でと他の本や雑誌にも書かれていますが、対日本円の通貨はかなりの円安で、いつ円高に振れるか分からない状態なので、これからはスワップ狙いでも怖いですね。

読みやすかった
読みやすい文章で好感持てました。内容も丁寧に書かれている方だと思います。
基本的な事項は押えているので初心者の方が1,2時間でサラッと読むのには丁度よい本ではないでしょうか。
ただ、ハイリスクハイリターンを目指す人には向かないと思います。

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ ~FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード  |  トップページ  |  次の記事 こんなに儲かるFX外国為替 (LOCUS MOOK)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6350

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

FX関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FX関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。