Top >  FX関連読本 >  GENTE2 (Fx COMICS)

GENTE2 (Fx COMICS)

GENTE2 (Fx COMICS)
オノ ナツメ
GENTE2 (Fx COMICS)
定価: ¥ 683
販売価格: ¥ 683
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日: 2008-04-17
発売元: 太田出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
GENTE2 (Fx COMICS)の詳細を見る

昔は全然本とか読まない人だった私ですが、最近ようやく読書の楽しみがわかってきたような気がします。ジャンルは特に気にしないで色んな本を読んでますね。今読んでいるのは「GENTE2 (Fx COMICS)」。

本ってオモシロイですよね。「GENTE2 (Fx COMICS)」みたいに、特に今の自分と関係ないジャンルの本でも「へぇ~~」って新たな気付きが得られたりして^^!

そう言えば兄が、この「GENTE2 (Fx COMICS)」を読み終わったら貸して欲しいって言ってたけど、こーゆうの興味あるのか~~とチョット複雑な気分です。ま、いいけど・・・。

大人達の物語
楽しみにしていた2巻でしたが、裏切られませんでした。
短編集とはいえ連作ものなので、本編であるリストランテ・パラディーゾと
GENTE1巻を読んでからの方が、設定は分かりやすいと思います。

実はリストランテ?の発売当初は、
絵柄とリストランテという舞台設定に惹かれたものの、
書店のポップが「老眼鏡紳士萌え」となっていて、
買うのを躊躇していました。
でも読んでみたら、物語としても楽しい作品でした。

レストランを舞台にした群像劇の洋画を見ている気分になります。
性格を含めた人物設定が、漫画の類型というよりは洋画的。
この物語の主役たちは、みな中年以降。
「紳士萌え」なんて煽られているけれど、
実は魅力的な女性の物語でもあるなあと思いました。
特にこの巻はリストランテの(元)女性シェフが格好良かった!
また、リストランテのオーナーの奥さんとその親友の間柄も素敵です。

少年少女(?働きマン世代)が主役の物語だと、
「恋に落ちて失恋して」「何かに挑戦して失敗する」というのは、
人生でたった1度きりの大問題で、失敗したら終わりという扱われ方をしがちです。
(それはそれで魅力的で、好きです。)
だけどこの物語は、経験豊富でそれなりに苦い思いを味わい、
またそれを味わうことは決して特殊な事じゃない、ということを理解し、
人生というものを一歩引いて俯瞰することを覚えた、大人達が主役。
だから、そのあたりの扱われ方が、離婚後の男女関係などを含めて、
少年/少女漫画とはひと味ちがう魅力に溢れていました。

魅力的な癖のある絵柄と趣味性の高い話ではありますが、
慣れてしまえば、様々な人が楽しめる間口の広い作品だと思います。

とりあえず、次回作が待ち遠しい!

 イタリアに行ってみたくなりました。
 台詞が少なく、独特の間で、雰囲気を楽しめます。
 「リストランテ・パラディーゾ」までの人達の物語なので、先にこちらを読んでも楽しめるのでは。人々の繋がりがわかってスッキリ。
 そこかしこで、イタリア人の生活まで垣間見えるのでリアルな感じも。
 読後感も良くて、ゆったりした気持になります。これからの展開も楽しみです。

大人の時間
子供と大人の圧倒的な違いは時間の感覚と使い方

ただ、それだけ、それにつきる

だからオノナツメは大人

この作品を読んでいる時間は暖かい気持ちが生まれます


GENTE2 (Fx COMICS)の詳細を見る

 <  前の記事 はじめてのFX投資―「外国為替証拠金取引」の勝ち方・お金の稼ぎ方  |  トップページ  |  次の記事 勝ってる人はここが違う!! FXで儲ける21の差  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6405

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

FX関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「FX関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。